《安心》と《感動》を、お客様に

「10~15年に1度は大規模な修繕工事を行うべきですよ」、「今がその時期ですね」…。専門業者のスタッフがこの様な言葉で営業している風景をよく目にしてきました。確かに指標としては間違いではないのかもしれません。しかしながらその建物の新築工事の品質の良し悪し、立地条件、天災等の影響の大小等、様々な要因によって劣化の進行や内容は大幅に異なるはずです。一概に《時期だから、雨漏りしたから、ひび割れが発生しているから》ではなく、オーナー様や管理組合様が望むことを踏まえた上で建物の現状に沿った工事内容を吟味していく事こそが、これからの修繕や改修工事には必要なことではないかと考えます。昨今よく耳にする【リノベーション工事】はレクシードが力を入れていきたいと考える方針のひとつでもあります。大きな予算を投じて行う工事にも関わらず美観や資産価値の向上とまでは行き届かず依然として《修繕》に留まっている印象が強い修繕工事からの脱皮を図っていきたいと考えております。工事が完成した時、又は足場に張られていたシートが外された時に、劣化が修復された《安心》と美観がグレードアップした《感動》を同時に与えられる工事を施工していきます。




B-plus